2006年06月15日

deadman@Shibuya O-EAST

2006 last tour [endroll]
最終日。渋谷にて。


パンフも届いたことだし。
DVDも、たった今、2回目見れたことだし。

レポでも何でも無い。


メンバー登場。
というかわたしはaieに釘付けだったわけで。

わたしの欲しかったTシャツとカーディガンを見事着ていらしたわけで。
さすがに唖然とした。

あと、カメラの多さに興奮。


セットリスト・・・は、パンフに載ってるし。
本編38曲、アンコール3曲の、計41曲。
『聖者ノ行進』を2回やったので、40曲聴いたことになります。
1曲目から感動してた。ステージ後方の照明に。
あんなの初めて見た。deadmanで。
といっても、そんな数見てないんですけど。
DVDか何かの映像見てるみたいだった。

36曲まではぶっ通し。MCも無し。
長いかな?って感じてたところで、やっと眞呼さんがお話。
「というわけで・・・36曲通してやったわけですが・・・」

曲数が増えていく度に、声が安定していって。
普通じゃ有り得ないことなんじゃないですかね。あれは。

ここらへんでわたしたちのテンション頂点まで。
そして迷惑なことに号泣。


アンコ入るまえにMC。
aie「メイクがすごい落ちてるんだけど、これってCGで直してもらえんのかな?」
「無理かw」

メンバーからローディさんまで喋らせて。
というか、眞呼さんが「喋りたいってー!」とか言ってた気がしますが。

猫の手のおもちゃ出したり
ニャー!とか言ったり
外人の真似して日本語カタコトな感じで喋ったり
本編のあの雰囲気は嘘ですか?くらいのくだけた感。
いいんですそれすら大好きです。

「弱くても好きだよ」

ラスト『聖者ノ行進』
aieが華麗に間違えました。さすがです。間瀬さま。
『additional〜』と間違えました。
「あ、やべっ」

修正無しで収録してくださいw

声の伸びといい、それぞれの音といい
本当に40曲も歌って、演奏してた人達ですか?っていう音。

みんなに歌わせつつ、みんなの顔を確認していって
満足そうに笑ってた眞呼さんの顔が忘れられない。
ていうか、捌けるときのメンバーみんなの姿が忘れられない。
とっても満足そうだったから。

約3時間半?長丁場でした。
けど全然そんな風には感じなかった。
あっという間って、ああいうことなんだろうなぁ。

浸りつつ、ダッシュで渋谷バイバイ。

仕事休んで行って良かった。
行かなきゃ後悔してた。してもしきれなかった。と思う。
あの場にいれただけで幸せ。ありがとう。

一緒にいてくれたお二方。ありがとう。
というか、あの場にいた全ての人にありがとう。

「お互い強くなろうねー」
「これからもよろしく」
って言ってくれたわけですし。
時間が経っても、次があることを信じて
わたしは待ってることにします。

自分でも、ここまで大きな存在になってるとは
思いもしなかったですよ。本当。
わたしが一番驚いてるよ。


DVDはノーカットでお願いしたいところです。
あんなMCからあの人のアップから
あの人のサンキューから
あの人の逞しい腕からガッツから
あの人のミスまで。全て入れてください。まじでw


思い出。
●ライヴ前
グッズ並び。無事、福袋ゲッツ。
神様ありがとう。
素晴らしいです。はい。

時間潰しの為、ファミレス。
何かそこで通じ合った気がします。ありがとう。
あ、見てるわけ無いか。
200円を返さなきゃいけないという。どうしよう。

ダッシュでEAST。走る。


●ライヴ後
取り敢えず抱きつく。
帰りの時間がやばいことに気付きダッシュ。

あ、無事バスには乗れました。
頭の中はごちゃごちゃしてたけど。

怒涛の一日だった気がしますよ。
けど充実感。だった。
ありがとう。

posted by らむ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。